Apple Watchの電池はどのくらい持つ?

Apple Watchの心配と言ったら…
やっぱり『電池がどのくらい持つか』
ですよね。 

Apple Watchのバッテリーは、毎晩
充電する必要があると言われているので
『それってどうよ?』 と思っている人が
多いと思います。

 

ただ、他のウェアラブルデバイスである
LG G Watch、Galaxy Gear、Moto 360なども
毎日充電する必要があります。

Flow endframe m

それを考えるとApple Watchが充電を
必要とするのも不自然ではないのですが
やはり、電池はもっと持っていて欲しいですよね?

 

Apple Watchのバッテリーの寿命は平均1日
とされています。

 

ゲームアプリなど連続して使える時間は2.5時間、
標準的なアプリの連続使用時間は3.5時間、
ヘルスケアやフィットネスなどのアプリで
4時間くらい使用が可能となっています。

Top m

秒針をアニメーションで使用する場合、連続して
表示する時間は3時間となっています。

 

 

こう見てくると、Apple Watchの電池持続時間は
短いようにも見えますが、時計を使わない時は
スクリーンの電源が自動でオフになるので
そこまで心配する必要はありません。

 

ユーザーがApple Watchを使用できる時間は
およそ1日となります。

 

それでも、毎日充電する必要があるというのは
ユーザーにとってはわずらわしいことです。

 

かといって、Apple信者の私は他のメーカーの
スマートウォッチは買いたくありません。

 

やっぱり『Appleが発売するスマートウォッチを
買いたい・・!』 とあなたは思っていると思います。

Watch black link large m

2015年4月1日と発売日も決まって
(日本の発売日は未定)
予約日をいつかいつかと心待ちにしている人も
多いのではないでしょうか? 

 

私が気になっているのは、充電と防水機能の
問題ですね。

 

これがクリアできれば即予約をするのですが。。

 

やはり初代Apple Watchは見送ろうかなと
思う次第です。。

 

でもみんなが持ってたら買いたくなりますよね。。 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ