Apple Watchで血糖値が測れる?

Apple Watchがもうすぐ発売ですが、
2000万台発売されるかもしれないという噂が
ありますね。 

それで、スマートウォッチの中で最も
成功した時計になりそうという見方が
出ています。

 

そのApple Watchをはめるだけで
血糖値も測れる機能があるそうですよ。

 

アプリを開発したのは、DexComという会社です。
糖尿病の人たちのためのモニターを作っている
会社です。

150210apple watch02

Apple Watchを手首につけるだけで、簡単に
自分の血糖値を計測したり確認できたりするように
なるのです。

 

このDexComの最新の持続血糖測定器は、Apple Watchの
HealthKitにいつかは組み込まれるのでは?と言われています。

 

医療分野にも影響を与えるのでしょうか?

 

現在、GoogleやサムスンよりもHealthkitの方が
普及しています。

DecComとAppleとが提携することによって、
医療の現場により大きな影響をもたらす
かもしれません。
 

150210apple watch01

ウェアラブル端末に血糖値測定の機能を
サムスン、Google、Appleが昨年夏から
しています。

 

体内に埋め込むタイプの医療機器などにおいての
厳しい規則をクリアしなければならないのですが、
それについては最近規則が変更して、ウェアラブル端末の
アプリやソフトの場合は、米国食品医薬品局への
登録だけでOKになりました。

 

よって、Appleは、DexComと組んでもかなり
時間がかかるというわけではなく、すぐに春の
Apple Watchリリースに向けて準備ができると
いうわけです。

 

以上がApple Watchで血糖値が測れるという
記事になりますがいかがでしたでしょうか? 

 

Apple Watchは、スポーツや日常だけでなく、
医療の現場でも活躍しそうですね。

 

Apple Watchは、2000万台発売されるかも
しれないと言われていますが、 これでも
まだ少ないのではないでしょうか?

 

一代目Apple Watchがどれだけ普及するか
わかりませんが、これからのウェアラブル端末に
期待を寄せたいですね。 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ