Apple Watchの機能他のスマートウォッチとの違いは?

いよいよ4月24日に発売することが発表された
Apple Watch(アップルウォッチ)に世界中が
注目しています。 

スマートウォッチって、もう何年も前に
発表されたものですが、イマイチ市場では
普及してないです。

 

しかし、このApple Watchの発売によって
大きく変わるのか。。ということが
気になるところです。

 

今までのスマートウォッチは、通話であるとか
通知であるとか、ゲームなど、スマートフォンで
できてしまうことにこだわりすぎたことが
失敗の原因なのではないかと思うんです。

Edition1 e1410594559287

SmartWatch MN2

 

スマートウォッチでは、ソニーモバイルの
「Smart Watch MN2」を覚えていらっしゃるでしょうか?

 

スマホをかばんに入れていてもMN2にアプリを
インストールしていれば、スマホを取り出さなくても
いいという便利さ。

 

「スマホなしの生活が可能になるのでは?」と思う
ほどでした。 

 

スマートウォッチとしてはなかなかのものでしたが
ヘルスケアデータの測定ができませんでした。

 

まあ、スマートウォッチ本体にセンサーが
ないので計測しようがありません。

スクリーンショット 2014 09 25 14 27 29

 

Galaxy Gear Fit

 

サムスンの「Galaxy Gear Fit」はSmartWatch MN2で
できていたことは、この時計でもできるように
なっています。

 

これは、歩数計、心拍数、睡眠トラッカーまで
ヘルスケアのデータを収集することができるのです。

 

ウォーキングの時、私はiPhoneを持ってでかけて
歩数や距離を測っていますが、このスマートウォッチは
つけているだけで、自然にウォーキング、ランニングの距離、
消費カロリーやスピードなど測定できるのです。

スクリーンショット 2014 09 25 14 31 05

アップルウォッチ

 

まあ、これだけでは、iPhoneだけで事足りるので
スマートウォッチを買おうとまでいかないのですが
Apple Watchは、心拍センサーが内蔵されています。

 

心拍数を測定でき、消費カロリーを記録できます。

 

また、座り仕事が多い人は、Apple Watchが
あなたに知らせて、もっと運動するように
促してくれます。

 

あなたのちょっとした動作もApple Watchが
測定します。 

 

また、あなただけのリマインダーもあります。

 

Apple Watchはあなたの細かい運動を
記録してくれます。

 

私は座り仕事なので、Apple Watchが
必要ないと考えていましたが、座りすぎを
知らせてくれるのはありがたい機能ですね。

 

少しは運動しようかなと思うように
なるかもしれません。

 

犬の散歩だとか、階段の昇り降りも
測定してくれるので、アップルウォッチを
寝る時以外はつけっななしでよさそうです。

 

寝る時は充電をお忘れなく。。 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ